東京都の『感染防止徹底宣言』に挑戦!その2

こんにちは、毎日暑すぎて焦げそうですね。ツバメホームズの小野です。

さてさて、前回から感染防止対策のために色々行っておりますが、次の対策である「対面が想定される場所への遮蔽物の設置」について、色々検討してみました。

まず、弊社で対面するシーンといえば、物件のご紹介時。ビニールを垂らす事も考えましたが、天井から設置しなくてはいけないので手間がかかること、窓を開けて接客する際にはためいてしまって意味がないことを考慮。

弊社カウンターを端から端までカバーできる大きさのアクリルパネルは中々ないですし、購入するとなると高額ですが、手作りしてみたら原価で抑えられます。前回の消毒液プッシュスタンドを組み立ててみたら何やらクラフト魂に火がついてしまいまして、今回は手作りしてみようと相成ったわけでございます。まずは簡単な設計図を描いてみます。

はいよし設計図おわり!まずは作ってみてから考えよう!決して途中でめんどくさくなったわけではないですよ!

できるかなinツバメホームズ。

どうせならカウンターを一気にカバーできるロングタイプがいいということで、アクリル板を購入しに、まずは近所の頼れる金物屋さん、スズカメさんに。

困ったときはここに来れば大体のものはあるので、弊社も合鍵作ったりなんだりでちょいちょいお世話になっております。いつも微妙なねじ探しに付き合ってもらってスミマセン。

その他、木材を買いに行ってみたりしましたが、設計図?通りの木材は見つからず、板を張り合わせることで代用することにします。もう設計図関係ない。

まあ、まずは張り切って板を切りそろえ…

流れるように軽やかに失敗。

え-、もったいないのでこのまま使用します。大丈夫、まだ慌てるような時間じゃない。大丈夫大丈夫。こうやって三枚張り合わせて、アクリル立てる部分も固定して。

転倒防止に万力を装着すれば。

これで完成でビジュアルが雑!!!

もうね、つくづく市販品というものはプロが考えているだけあってよくできているんだと実感しました。うーん、どうでしょう。セーフ?アウト?セウト?でも頑張って作っただけあってしっかりと固定してくれているし…

よし大丈夫ということにしよう!(強引)

いやいやまあ、あとであらを隠すようなケースを作るにしても、とにかく遮断する役目はこれで果たしているわけです。用はなしているわけです。だいじょうぶです。

各種、申請をしてみよう。

何でこんなに急いでいるかというと、東京都が作成した「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン」に沿った対応を行っている事業者に対して小平市が協力金を支給しているので、申請のために張り切っていたのです。

小平市事業者向け感染防止徹底協力金について(小平市公式サイトへ)

申請期間は令和2年7月20日から9月30日まで、急いで準備します。チェックリストに従って色々なものを準備、万事整ったら「感染防止徹底宣言ステッカー」をお店に掲示いたします。

掲示場所の写真を撮影、各種書類をダウンロード後記入し郵送で申し込み、待つこと数週間。無事支給決定の通知が届きました。ありがたやありがたや。

何と1事業者につき5万円という太っ腹。今回使った金額より少し上回りますので、残りは消毒液などのストックを購入しようと思っております。

改めて小平の良さに気が付きました。

起業当初はまさかこんな世の中が来るとは思わず、ただひたすら「地元小平、地味だけど良い所だよ~」と言い続けながら走り続けてきました。

それがコロナショックによって世界中が混乱と危機の真っただ中にある今、何とか踏ん張りながらコツコツと頑張っている地元の様々な人々を目の当たりにしました。大変な中できる事を探り、協力できることは協力し合って何とか地元を盛り上げていこうとするその姿勢に、改めて小平の底力を見た思いです。

あまり有名ではないかもしれないけれども、本当にいい街ですよ、小平は。

東京都の『感染防止徹底宣言』に挑戦!その1

こんにちは!ブログではとてもお久しぶりな、ツバメホームズの小野です。

さてさて、コロナウィルスにより大変な世の中になってしまった昨今、ツバメホームズでも対策に追われる毎日を過ごしております。世の中にはコロナウィルスに対して様々な情報があり、いろいろな方々の対策を見様見真似で実行していたのですが「これで大丈夫かなあ…」といった、モヤッとした気持ちで日々を過ごしておりました。

そんな中、6/12から東京都で「感染防止徹底宣言ステッカー」の発行が開始いたしました。

感染防止徹底宣言ステッカー|東京都防災ホームページ

ようするに東京都が策定した「事業者向け感染拡大防止ガイドライン」というものがあって、そのガイドラインに取り組めばOK!ステッカー貼って対策してますよーってアピールしてね!という、とても分かりやすい内容。

さっそくサイトに行って、まずは『東京都感染拡大防止チェックシート』の確認。業種別に種類があるようですが、不動産業の該当はなかったため「全業種共通編」をチェケラー(死語)。

様々な項目をチェックしていくうちに、弊社に足りないところは

  • 対面が想定される場所への遮蔽物の設置
  • 消毒備品等を各所に設置

の2点、ということがわかりました。

超かっちょいいプッシュボトルスタンドを発見!

じゃあまずは入り口に消毒液を設置しなきゃなー、なんて思っていたら、ツマが「ウェイ!そんなこともあろうかと、今だけ!あなただけに!特別な情報をご用意しておりマス!」と、ササっと資料を見せてきました。(ツマはシソンヌじろうがお好き)

★足踏み式プッシュボトルスタンド | Caffs Co.,Ltd.

ぱっと見はステンレス製であらオシャレ。でも税抜15,000円+送料。ちょっとお高いんじゃな~い?なんて絡んでみたら怒涛の反撃をうけました。

『足踏み式で全く手を触れずに噴射可能』『足場の安定感が半端ない』『八王子の鍛冶屋さんが作ってるから品質もバッチリ』『SUS304ステンレス製(高級)』『パーツが少ないからメンテが楽、超長持ちする』『ずっと使うのだったらむしろ割安』『ギミックがしびれる』etc…

あんまりうるさいので何でそんなにすすめるのか聞いたら、「デパートにあった、軽いプラスチック製の足踏み式のスタンドを踏んだら勢い余って倒した事がある」との事。なるほど恥ずかしい。

まあそこまで言うならと、僕はツマの希望を叶えてあげる寛大なオットなので早速購入いたしました。間違っても「そんなところで四股踏みしなくても」とかいって激怒させたわけではありません。ええ。

早速組み立ててみました。

あらかじめ消毒液とボトルを購入しておき、先にトイレにも消毒液や紙タオルを設置してみたりしながらスタンドの到着を待つこと1日半。あっという間に手元にスタンドが届きました。

パーツはたったこれだけ。えー!?これで本当に全部なの?と思いながら組み立てていきます。何だこれイケアの家具組み立てるより簡単…考えた人天才か…

あっという間に完成。シールを張って店頭においてみると

あれこれすごい良いんじゃないですかね!オシャレ度がドーンとバーンとアップしたんじゃないでしょうかね!

しかもこのギミック!これ、ペダルを踏むとボトルの上が沈むんじゃなくて、ボトルのおいてある下の部分が上がるようになってるんです。ボトルの大きさを気にしなくていいし、動作性も大変に良いです。あまりの完成度の高さに二人して「すっげえ!」「すっげえ!」と、男子小学生のようにスタンドの周りをまわってはしゃいでいたら、何だかクラフト魂に火がついちゃいまして。

「アクリルスタンドは…作ってみちゃおうかな…」

というわけで!カウンターで使用するアクリルスタンドはせっかくなので自作する事にしました!アクリル板買ってきて差し込む脚作ればいいんでしょ?簡単簡単!

なーんて調子に乗っていた我々は、予想もしなかった困難にぶち当たるのだった…(BGM:地上の星)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社の対応について

【重要なお知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ツバメホームズでは以下の対応を取らせていただきます。

◆フィジカル・ディスタンスの取り組みとして『マスク着用』『物理的な距離を置く接客』を心がけます
◆車でのご案内の際、すべての窓を開けさせていただきます
◆ご来店前に、なるべくお電話やメールでの打ち合わせを推奨させていただきます

お問い合わせやご相談は、お電話(042-386-4741)またはメール(info@tsubamehomes.com)にてお願いいたします。今後も国や東京都、不動産協会等との連携を取り、感染拡大状況を注視しながら対応いたします。


新型コロナウイルスによる影響が一日でも早く収まることを願っております

リユース着物と殿が見れる店『ワノモヤトウキョウジョウ 学園坂藩邸』

皆様こんにちは、昨年11月くらいから繁忙期を迎えワタワタしているうちに、梅、桃、桜が次々と咲き乱れる季節となりまして、あっという間にスギ花粉との戦いを余儀なくされているツバメホームズ、ツマのほうです。目が!目がぁ!

そんな感じでいろんな物事が動き出す春、トウキョウジョウのお二人から学園坂商店街にお店を出すとのお話を聞きまして、開店お祝いに駆け付けた次第でございます。

トウキョウジョウ 学園坂藩邸 、学園坂商店会に爆誕!

場所は一橋学園駅の北口からまっすぐ、知る人ぞ知る商店街「学園坂商店会」。ちょいレトロな風情ながら、個性的で精力的な活動をしているお店が多くある商店街です。元々は小平の誇る著名な 彫刻家、齋藤素巖の御家があったんですよ。

小平の民としては田中押しか素巖押しか…揺れる思いを体中感じながら商店街をフラフラしておりますと、駅から徒歩5分程度でくだんのお店に到着いたしました。

お、この袴知ってるぞ、憤頭さんお手製の超履きやすいフンヅ袴でしょ。娘の卒業式にちょっと気になってるんだよね~、なんて思いながらまずは外観を観察。

お店の角にはレトロでかわいいポスト。丸じゃないのは残念な気もするけど、この子もちょっと薄型で珍しい感じです。

この看板や外灯も憤頭さんお手製。ホントに何でも作るな、あのお人は。

いろんな方からお祝いのお花が届いております。そんな中、われらがツバメホームズ代表からはガジュマルの木を贈呈。(写真左側)草好きとして一貫した姿勢を崩さないおかげで絵面が大変地味になりました。ガジュマル、インスタばえないですよ代表。

店内は和モノ好きにビシビシ刺さる、うるわし空間でした!

いつまでも店の外で不審な動きをしていると営業妨害となりますので、速やかに店内に入りましてごあいさつ。トウキョウジョウのお二人がせっせと内装を作ったかいもあって、大変ファビュラスな仕上がりになっておりました。

この時はつちさんがお店にいらっしゃいましたのですが、またこのお召し物がかわいいのなんの。ぜひ皆様に見てほしいので撮影お願いしちゃいました。

なんでこの写真セレクトかっていうと、素敵な半幅帯に興奮しすぎて前からの全身をとるの忘れてました。落ち着け。

この後、ワタシも半幅帯可愛い結び方したい!と、半幅帯コーナーに突撃。結び方がわからなくても、親切に教えてもらえます。お店の着物と合わせてみたりして、発作的に購入しても、このお店ならとってもリーズナブルに手に入っちゃう。

ウキウキしながらあれこれ見ていると、憤頭さんがお店に帰ってきました。憤頭さ~ん、開店おめでと…

憤頭さんが 殿になってた。

なんと!

憤頭さんの丁髷が完成していて、まさに「殿」といった佇まいとなっていました!

びっくりしていた横で「ここの商店街でお殿様がお店を始めたと聞きまして…」とどこかの取材を受けてまして『お殿様がお店を始めた』というパワーワードに意識を持っていかれかけたり。

そのまま先ほどの半幅帯を購入するためにカードで支払いを済ませたのですが、スマートフォンとカードリーダーを華麗に操るハイテクな殿を見てて「こりゃ殿を一目見たくてお店に来る人が増えるぞ…」と思ったり。

素敵な商店街の中にお気軽に着物が買えるところがあって、一度はお目にかかりたいような人がお店にいて…これは本当に、小平で普段着物ブームが起こるかもしれない…!ますます目の離せないトウキョウジョウ、今後も要チェックです!みんな小平に住んで着物着ればいい!

トウキョウジョウ 学園坂藩邸はこちら。


★公式ブログ
ワモノヤトウキョウジョウ


★公式facebook
https://facebook.com/ワモノヤトウキョウジョウ-学園坂藩邸-/

小平に開城!和物&アンティーク&ワークショップのお店「トウキョウジョウ」

マニアック季刊誌みたいな更新頻度で申し訳ない!ツバメホームズの小野です。

facebookのほうで見てくださっている方にはおわかりでしょうが相変わらず小平の中をグルグルと、時たま遠方にボーンと動いております。

ちなみに今年のおみくじはスタッフ二人とも「中吉」。そのままコツコツ頑張っていけばOKって感じの内容でしたんで、今年も怒涛の繁忙期を地道に駆け抜けました。と、いうわけで引き続き小平をプッシュしていく所存でございます。栄えあれ、小平! “小平に開城!和物&アンティーク&ワークショップのお店「トウキョウジョウ」” の続きを読む

美容院ジプシーに一つのアンサー!小平の美容室「クーランクール」

どうもこんにちは、ツバメホームズのツマの方です。毎日ムシムシしていやんなっちゃいますね!なんかこう、ガラッと気分転換できるような突拍子もない事をしたいって気持ちになりませんか?

ということでとある昼下がり、唐突にわたくし「我、『ヘアドネーション』なるものをせんとす」と宣言いたしました。

ヘアドネーションとはなんぞや、という方にお話をすると、要は病気などで医療用ウィッグを必要としている子ども達のために髪の毛を寄付するという事。だそうです。(聞きかじり極まる)

“美容院ジプシーに一つのアンサー!小平の美容室「クーランクール」” の続きを読む

新小平駅近く、カラダに優しい可愛いおむすび屋さん「まじょむす」

ハッ!気がついたら初夏でした!怒涛の年度末を駆け抜け、ここに来てやっとこさ一息、のツバメホームズ小野です。

趣味と実益をかねた街歩きもろくにできていなかったので、休日にウォーキングがてら近所をブラブラしてみました。いい加減運動しないとお医者さんに怒られちゃいますからね。

とはいえ、小平には美味しいケーキ屋さんやパン屋さん、うどんにラーメンなどなどなど、歩いているだけで誘惑の多い事!散歩中に美味しい匂いが!私を惑わしてくるんです!

健康診断の指導時に「パンやうどん、甘いものはなるべく控えて下さいね。…ラーメン?話聞いてましたか?」って看護婦さんに怒られたばかりなので、涙を飲んでお店を素通りしなくてはいけないのですああメタボリックの闇!

自炊も頑張ってますが、たまには買い食いを楽しみたい!でもメタボ怖い!そんなアンビバレンツな心理に翻弄されつつウォーキングに勤しんでいる時、まるで導かれたように目の前に現れたのです。
“新小平駅近く、カラダに優しい可愛いおむすび屋さん「まじょむす」” の続きを読む

『鍛金』ってご存知?モニュメントから鍋まで作れる小平の教室「METALART AIMU」

ご無沙汰しております!ツバメホームズの小野昌司です。

2期目をワチャワチャ言いながら駆け抜け、おかげさまで3期目に突入!決算書の山に埋もれながらも喜びを噛み締めております!ありがとうございます!

しかしすっかりブログの更新が止まっており、これは小平を宣伝する街の営業マンを自負する私といたしましてはこの状況、忸怩たる思いでございます。余談ですが「じくじたる」ではなく「じくじくたる」とスタッフが勘違いして喋っていたので、こっちは「なんでこいつはカサブタの話をしているのかな」と思って随分長い間会話が噛み合いませんでした。アンジャッシュのコントか。

ですがワタクシがうかうかしている間にも、小平は新陳代謝を繰り返し、素敵なスポットは日々生まれているのです!という事で今回は、「彫金」だけでなくちょっと珍しい「鍛金」も学べるアート教室、『ART AIMU』さんにお邪魔してきました!

先生は現代工芸美術家、相武常雄さん

新小平駅から北に真っすぐ進み、信号を2つ通り過ぎたビルの2階に教室はありました。ジャガーのような猫科の看板が上がってますが、何とコレ金属。カッコええ。

そのまま2階への階段を登ると、「METALART AIMU」の看板。外の看板でも見たジャガーちゃんだ。

こちらの教室の先生は知る人ぞ知る現代工芸美術家「相武常雄」さんです。錦城高校にモニュメントがあるのでご承知の方もいらっしゃいますかね?日展をよくご覧になる方もご存知かもしれません。
“『鍛金』ってご存知?モニュメントから鍋まで作れる小平の教室「METALART AIMU」” の続きを読む

もっと注目されるべき!小平の名店『ギャラリー青らんぎ』

真夏までは行かない、でもちょっとウォーキングすれば汗ばむような陽気の今日この頃、梅雨は来ているはずなのに雨が降りませんね!
今年の水不足が心配な、ツバメホームズの小野です。

皆様もご承知の通り、ツバメホームズ夫婦はただ今ウォーキングダイエット続行中。ですが近くを通る時には必ず寄ってしまう、罪深くも魅力的なカフェがございます。

そのカフェの名は、知る人ぞ知る隠れた名店「カフェ&ギャラリー 青らんぎ」。余談ですが、小平は『隠れた名店』が多すぎ。つまり全て隠れすぎ。もっとアピールして!ひな壇芸人の方々を少しは見習って!

ギャラリー青らんぎ1

…閑話休題。ちょっと風変わりな外観の建物の入り口をヒョイッと入りますと、そこはいきなり別世界です。

“もっと注目されるべき!小平の名店『ギャラリー青らんぎ』” の続きを読む

小平、隠れた桜の名所をご紹介します。

こんにちは!ツバメホームズの小野です。もうすっかり春ですね!
皆様におかれましては、もうお花見はお済みになりましたか?

不動産屋にとってはソメイヨシノの時期=怒涛のお部屋探しシーズン。落ち着いてふと周りを見るとすっかり桜は散っていて、排水口に詰まった花びらを蹴り蹴りするまでが毎年のワンセットとなっております。

まあ、この業界で働いてはや15年弱です。桜といえば八重桜の散り際を見るのが精一杯。ソメイヨシノは通りすがりに横目で楽しむもんだ!なんて自分を無理やり納得させておりましたが、今シーズン中小平近辺をご案内している最中に目に入る様々な桜は、そりゃもう見事なものでして。

ぜひこれを皆様にご紹介しなくては、小平っ子の名が廃る!と、今年小平中を走り回りながら撮影した数々の桜の名所をご紹介します。
“小平、隠れた桜の名所をご紹介します。” の続きを読む