東京都の『感染防止徹底宣言』に挑戦!その1

こんにちは!ブログではとてもお久しぶりな、ツバメホームズの小野です。

さてさて、コロナウィルスにより大変な世の中になってしまった昨今、ツバメホームズでも対策に追われる毎日を過ごしております。世の中にはコロナウィルスに対して様々な情報があり、いろいろな方々の対策を見様見真似で実行していたのですが「これで大丈夫かなあ…」といった、モヤッとした気持ちで日々を過ごしておりました。

そんな中、6/12から東京都で「感染防止徹底宣言ステッカー」の発行が開始いたしました。

感染防止徹底宣言ステッカー|東京都防災ホームページ

ようするに東京都が策定した「事業者向け感染拡大防止ガイドライン」というものがあって、そのガイドラインに取り組めばOK!ステッカー貼って対策してますよーってアピールしてね!という、とても分かりやすい内容。

さっそくサイトに行って、まずは『東京都感染拡大防止チェックシート』の確認。業種別に種類があるようですが、不動産業の該当はなかったため「全業種共通編」をチェケラー(死語)。

様々な項目をチェックしていくうちに、弊社に足りないところは

  • 対面が想定される場所への遮蔽物の設置
  • 消毒備品等を各所に設置

の2点、ということがわかりました。

超かっちょいいプッシュボトルスタンドを発見!

じゃあまずは入り口に消毒液を設置しなきゃなー、なんて思っていたら、ツマが「ウェイ!そんなこともあろうかと、今だけ!あなただけに!特別な情報をご用意しておりマス!」と、ササっと資料を見せてきました。(ツマはシソンヌじろうがお好き)

★足踏み式プッシュボトルスタンド | Caffs Co.,Ltd.

ぱっと見はステンレス製であらオシャレ。でも税抜15,000円+送料。ちょっとお高いんじゃな~い?なんて絡んでみたら怒涛の反撃をうけました。

『足踏み式で全く手を触れずに噴射可能』『足場の安定感が半端ない』『八王子の鍛冶屋さんが作ってるから品質もバッチリ』『SUS304ステンレス製(高級)』『パーツが少ないからメンテが楽、超長持ちする』『ずっと使うのだったらむしろ割安』『ギミックがしびれる』etc…

あんまりうるさいので何でそんなにすすめるのか聞いたら、「デパートにあった、軽いプラスチック製の足踏み式のスタンドを踏んだら勢い余って倒した事がある」との事。なるほど恥ずかしい。

まあそこまで言うならと、僕はツマの希望を叶えてあげる寛大なオットなので早速購入いたしました。間違っても「そんなところで四股踏みしなくても」とかいって激怒させたわけではありません。ええ。

早速組み立ててみました。

あらかじめ消毒液とボトルを購入しておき、先にトイレにも消毒液や紙タオルを設置してみたりしながらスタンドの到着を待つこと1日半。あっという間に手元にスタンドが届きました。

パーツはたったこれだけ。えー!?これで本当に全部なの?と思いながら組み立てていきます。何だこれイケアの家具組み立てるより簡単…考えた人天才か…

あっという間に完成。シールを張って店頭においてみると

あれこれすごい良いんじゃないですかね!オシャレ度がドーンとバーンとアップしたんじゃないでしょうかね!

しかもこのギミック!これ、ペダルを踏むとボトルの上が沈むんじゃなくて、ボトルのおいてある下の部分が上がるようになってるんです。ボトルの大きさを気にしなくていいし、動作性も大変に良いです。あまりの完成度の高さに二人して「すっげえ!」「すっげえ!」と、男子小学生のようにスタンドの周りをまわってはしゃいでいたら、何だかクラフト魂に火がついちゃいまして。

「アクリルスタンドは…作ってみちゃおうかな…」

というわけで!カウンターで使用するアクリルスタンドはせっかくなので自作する事にしました!アクリル板買ってきて差し込む脚作ればいいんでしょ?簡単簡単!

なーんて調子に乗っていた我々は、予想もしなかった困難にぶち当たるのだった…(BGM:地上の星)