タイプ別おすすめネット環境

さてさて、前回はネット環境の説明をザックリといたししましたが、じゃあ自分には一体どれが合っているの?という人のために、ツバメホームズの独断と偏見による、タイプ別おすすめネット回線をピックアップいたします。

キン肉マン風に言うと
『ぼくのかんがえた さいきょうのいんたーねっとかんきょう』
という感じです。(中年ギャグ)

ネットゲームも動画配信もガッチリ!な人…光回線の個人契約

例え光回線といえども、マンションタイプや集合住宅用の回線であれば、ヘビーユーザーにはかなり不満がでてくるはず。

なぜなら、マンションタイプのネット環境は回線を住人が共同で使用しているため、タイミングや時間帯によってはかなり遅くなってしまいます。つまり、タイムラグが致命的なコンテンツを楽しみたい人、例えばネットゲームユーザーや動画配信などには向いていない環境なのです。

なので、この場合は個人で部屋に直接光ケーブルを引く形の個人契約をおすすめします。なお、個人契約が行えるかどうかは物件により異なりますので、必ずご契約前に確認をしましょう。

大家さんや管理会社の許可なく引くことはできませんので、お部屋探しの時には管理会社に必ず希望を伝え、ケーブルを引き込む事が可能かどうか、必ず確認を取りましょう。

ビジネスクラスの環境がほしい…光回線のマンションタイプ

上記で書いたように、一本の光ケーブルを他の契約者と共有して使う仕様なのが、光ケーブルのマンションタイプ。

個人契約よりも通信速度は落ちますが、ストレスなくインターネットを楽しみたいという人や、ファイル共有やオンラインストレージなどを使って仕事をしたいというような方にはオススメです。

が、光回線のマンションタイプが使用できる物件はかなり限られています。また、宅地内の配線形式で通信速度がかなり変わってきますので、こちらも管理会社に必ず確認しましょう。

インターネットはほぼ閲覧のみ…CATVインターネット

実はCATV会社によって配線方法や使っているケーブル、通信速度等など、様々な形式がありますので『CATVは遅いor早い』などと、十把一からげには言い切れない所があります。

が、ざっくりざっくり理解していただくためにあえて乱暴に説明すれば「ダウンロードはともかくアップロードは遅い」という事です。そのため「オンラインストレージ」や「ファイル共有」「ネットゲーム」などにはかなり不満のある環境になるかと思います。

が、逆に言えばネット環境を「メールやSNS」「ネット閲覧」「動画鑑賞」くらいにしか使用しないような方向きのサービスとも言えます。プロバイダ料金がかからない、携帯キャリア等によって大幅に無料&割引サービスなどがある分コスパの良さが際立ちます。

あまり通信速度にこだわりがないようでしたら、選択肢の一つとして考えてみてもよいのではないでしょうか。

あまり家にいないライトユーザー…ポケットWi-Fi

『Wi-Fiルーター』という通信機を持ち歩いて、まるで携帯やスマートフォンのようにどこでもインターネットを利用できるポケットWi-Fi。

ともかくよく出かけていて、出先でネットを使用したい。あまり家にいないし引越し時の再設定などに煩わされたくない。
そんなライトユーザーは、わざわざお家に回線を引かずにポケットWi-Fiを利用するほうが良いかもしれません。

ただし、気をつけるべき事は、ネット回線を使いすぎた時の「通信制限」。ポケットWi-Fiで動画なんて見ればあっという間に通信制限に引っかかってしまいますので、あくまでライトユーザー向きのサービスと言えましょう。

やっぱりややこしい!という方へ

以上、ちょっと難しかったかでしょうか?かなり大雑把に説明いたしましたが、それでも随分ややこしいですよね。

しかも今後どんどん通信技術が発達していけば、もっとややこしい感じになりますことうけあいです。ちなみに「ややこしい」って元は京ことばなんだそうです。ややこしすぎていきなり豆知識をぶっこんでお茶を濁してみました。

なので、ツバメホームズでのお部屋探しの際には、インターネットに関しても遠慮なくご相談下さいね。それでは、次回は「無料インターネットについて」をお話いたします。